Private Tour +

ptour.exblog.jp

独身時代から何よりも大好きな旅。2010年に娘を出産してからは子連れ旅行を満喫中です♪

カテゴリ:パリ近郊( 5 )

ジヴェルニーでランチ

モネの邸宅&お庭があるジヴェルニーの町は
そんなに広くないのでよほどゆっくり見ない限りは半日で充分。

お店ももちろん少ないわけでランチする場所は
観光客向けのレストランがちょっと点在してるくらいでした。

私たちはその中でプチホテルのレストランでクレープを食べました。
写真は取り忘れたので、今回はヴェルノン駅前のブラッスリーの写真で。
f0080168_0551277.jpg

その名も“モネ”。やっぱり、と言ったとこ。

駅前も2,3軒こんなお店があります。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-09-20 00:56 | パリ近郊

モネの邸宅

モネの睡蓮を眺めた後は、おうち拝見です。
f0080168_2047465.jpg

アトリエや生活感のある風景を垣間見ることができます。

自家菜園を兼ねてそうなお庭です。
花がきれいに咲いてました。
f0080168_20472184.jpg

f0080168_20473542.jpg

f0080168_20475085.jpg

f0080168_2048060.jpg

お庭もゴージャス!とかじゃなくって田舎の村にあるお庭~って感じです。

やっぱり素朴としか言えない☆
静かにゆったり暮らしてたんだなって思える風景でした。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-09-18 20:49 | パリ近郊

モネの睡蓮

いよいよモネの睡蓮を拝見。

池を取り囲むように遊歩道がぐるっと続いています。
f0080168_22171721.jpg

f0080168_2217335.jpg

f0080168_2217467.jpg

この日のお天気はいまいちだったのでちょっと雰囲気もどんよりしてます。
f0080168_22175926.jpg

f0080168_22181156.jpg

それでも寒い割にはチラホラと睡蓮が咲いてたほうなのかな。

すごい庭園!ではなく、
あくまでもモネが描いた風景そのものがそこにあります。
むしろ絵よりも素朴。。。

興味の無い人には地味な風景ですが、モネファンには垂涎な風景なのかも☆

入場料は、おうち見学と合わせて一人5.5ユーロです。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-09-13 22:21 | パリ近郊

モネを訪ねて

サンラザール駅からVERNON駅までは電車で4、50分ほど。

そう、この日の目的はモネのおうち&お庭拝見!
あの有名な“睡蓮”シリーズの題材そのまんまが見られるらしい
モネのお庭です。

通りにまで名前がついてて、もうモネ様様の町です。
f0080168_2353299.jpg

f0080168_23531938.jpg

f0080168_23533737.jpg

4~10月までの間しか開放してないらしいので、
それだけでもこの時期に来た甲斐がありました。

で、やっぱり世界中の観光客・モネファンでいっぱい。
結構早くから来たと思ったのに入り口は長蛇の列。
f0080168_23535598.jpg

これでもまだ少ない方らしい。一番ちっこく写ってるのが私だったりします☆

それにしても7月だと言うのにこの日は寒かった。
たしか16度くらいだったような・・・。
時折雨が降るし、今回の観光の中で一番寒かったかも・・。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-09-12 23:55 | パリ近郊

ベルサイユ宮殿

4度目にしてやっと念願のベルサイユ観光に行きました♪

ちょうどガイドブックにも行き方が載ってて、しかも出発駅がホテル近くだったので
思い立ったようにベルサイユ行き決定。
こんな突然の予定を入れられるのもフリーツアーの醍醐味です♪

まずは始発のサンラザール駅へ。
窓口で英語+仏語を駆使してなんとかチケット購入しました^^;
ちなみに私の英語力は“団体旅行レベル”(by『英語漬』より)です。
更に言えば仏語なんてそれ以下☆
それでも問題なくチケットは買えました。ようは熱意と度胸あるのみ。
f0080168_042182.jpg
f0080168_23531626.jpg

ベルサイユまではサンラザール駅から『VERSAILLES RIVE DROITE』行きの列車に
乗って、その終点『VERSAILLES RIVE DROITE』駅で下車します。
所要時間は約30分ほど。乗り換えもないのでほんと簡単アクセスです♪
ちなみに列車は電光掲示板にて確認します。往復で一人7ユーロしないくらい。

駅からは10分ちょっと歩きます。少し歩いていくと、目の前にベルサイユ宮殿の門が。
f0080168_23544376.jpg
f0080168_23562336.jpg

オフシーズンなので観光客は少なめです。その分ゆっくり見れるけど
お庭は春先の方がやっぱりキレイそう。
入場料は宮殿ほかプチトリアノン・グラントリアノンのセットで16ユーロ。
ちなみにイヤホンガイドも含まれてます。

色々見所はあるようですが、やっぱ有名なのは鏡の間。
f0080168_23592761.jpg

残念ながら半分修復中(2007年1月16日現在)でした。
f0080168_23595342.jpg
f0080168_00292.jpg

団体ツアーではあまり行かない離宮、プチトリアノン。
マリー・アントワネットがしきたりの多い宮廷から離れて静かに過ごした場所です。
華やかな宮殿とは違って生活の場なので絢爛豪華ではありません。
f0080168_0282448.jpg
f0080168_0283686.jpg

庭先には“愛の宮殿”が。まさに中世、貴族~って感じです。
f0080168_029443.jpg

グラントリアノンも同じくルイ14世にて公的な場所から逃れるために建設したそう。
f0080168_0314253.jpg

ものの見事にピンクの大理石!遠めで見るとほんとにピンクの邸宅です。

ツアーだと2時間ちょっとの見学になるので、トリアノンまでは見切れないようです。
個人で時間に余裕があれば是非見ておきたいエリアです。
あくまでも邸宅ですので豪華さにはちょっと欠けますが。

ちなみに宮殿からトリアノンまでは徒歩で約30分かかります。
ミニトラム(有料)が巡回してるので、体力に自身がない人は是非こちらで。


公開中の『マリー・アントワネット』やっぱ観るべきかな☆
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-02-04 23:29 | パリ近郊