Private Tour +

ptour.exblog.jp

独身時代から何よりも大好きな旅。2010年に娘を出産してからは子連れ旅行を満喫中です♪

カテゴリ:コートダジュール( 10 )

列車待ち

f0080168_065740.jpg

f0080168_07161.jpg

駅での列車待ち。
フランスやイタリアでは、ダイヤが乱れることは日常茶飯事。ストも名物なほど。
この日は事故で40分遅れ☆
現地の人は慣れてます。それにしても欧米人って日光浴好きですよね~。

ちなみにヴィルフランシュ・シュル・メールの駅は無人の駅です。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-30 00:10 | コートダジュール
静かな海岸通りに沿って歩くと、建物の1階に裏路地へ続く抜け道があります。
f0080168_0822.jpg

f0080168_08165.jpg

建物と建物に挟まれてその間をくり抜いた感じの生活道路。
まるで洞窟みたいです。
f0080168_083775.jpg

f0080168_085281.jpg

昼間なのに街灯が点いてるあたりが雰囲気出てて、中世の町に来たみたいです。

こんなものが当たり前のように残ってるのが、ヨーロッパならではですね♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-29 00:14 | コートダジュール
小さな町なのに、散策し甲斐がある魅力的な町です。

表通りから1つ入るだけでまた違った町の雰囲気があります。
f0080168_23323744.jpg

南仏らしい明るいカラーの建物たち。
f0080168_23342366.jpg

f0080168_23343620.jpg


美味しそうなレストランはやっぱり賑わってる。
f0080168_2334507.jpg

レストランだけでなくちょっとしたお土産物屋さんもあるし、
写真に残したい風景がそこにはたくさんありました。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-27 23:37 | コートダジュール

ジャン・コクトーの足跡

ヴィルフランシュ・シュル・メールの町にも
ジャン・コクトーの残したものがありました。

サン・ピエール礼拝堂です。
f0080168_0212318.jpg

f0080168_022397.jpg

マントンの市庁舎にある結婚の間と同様、礼拝堂内の壁一面に
彼の作品が描かれていました。
とっても小さい礼拝堂なので真っ白な壁画があまりにも近くてとても幻想的です。

ここも撮影禁止なので外観のみ☆入場料は2ユーロ。
同じく日本人も挙式できるそうです。
f0080168_0225457.jpg

f0080168_023660.jpg

ジャン・コクトーが常宿としていたホテル ウェルカム。
ここで「オルフェ」と言う戯曲を書き上げたそうです。

素朴なホテルですが、静かな海が見渡せるバルコニーが気持ちよさそうでした。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-24 00:23 | コートダジュール

町はキレイに

ヴィルフランシュ・シュル・メールの町で見つけた
ペット専用の“落し物入れ”☆
お犬大好きおフランスならでは(?)。
f0080168_032711.jpg

1箇所しか見なかったけど、それでもパリよりは足元がキレイだった気がします。

うーん、、、でもこれ、フタ開けたくないな^^;
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-23 00:32 | コートダジュール
マントンからの帰り道に途中下車して立ち寄ったのは
Villefranche-Sur-Mer(ヴィルフランシュ・シュル・メール)という
小さな港町。

ニースからは2駅隣で10分もかからないところです。
実はモナコやマントンに行く途中で景色が素敵で気になって
帰りに絶対寄ろうと決めてた町です♪
f0080168_033763.jpg

無人の駅を降りるとすぐそこは海水浴場。
海水浴や日光浴を楽しむ人たちでいっぱいです。
f0080168_045274.jpg

f0080168_051069.jpg

町は時間が止まったように静かで穏やか。
せわしい音が一切ありません。
f0080168_08842.jpg

f0080168_041588.jpg

入り江を囲むように立ち並ぶカラフルな建物たち。

のんびり散策するだけで気持ちが安らぐ町でした♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-22 00:28 | コートダジュール

マントンでランチ

マントンでの行き当たりばったりランチは、
地元客で賑わってた素朴な田舎風レストラン。

外の席や、店内も常連客の予約でいっぱい。
昼時にはほぼ満席でした。
特に一人で来ているご近所マダムが多かったです。
f0080168_0264246.jpg

手軽なセットメニューがいくつかあるので
とっても選びやすい♪
サラダ+メインにミネラルウォーター(またはワイン)がついて
13ユーロくらいだった気がします。
f0080168_0265619.jpg

f0080168_0271033.jpg

この日は昼からウサギさんなんぞを食してみました☆

高級レストランでは味わえない素朴な雰囲気と
フレンドリーな接客にお腹も気分も大満足でした。

ちなみに、このレストラン、ホテルも併設してるみたいです。

AUBERGE PROVENCALE
11, rue Trenca
06500 Menton
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-21 00:28 | コートダジュール

ジャン・コクトー美術館

市庁舎の結婚の間の次は、
マントンの海辺にある『ジャン・コクトー美術館』です。
入場料は3ユーロ。

廃墟化してた海辺の要塞をジャン・コクトーが美術館にしたそうです。
中は残念ながら撮影不可なので外観を思いっきり^^
f0080168_0451391.jpg

f0080168_0453023.jpg

f0080168_0455193.jpg

入り口にはモザイク画。
海辺の小石でできてるそうです。
f0080168_046515.jpg

f0080168_0462549.jpg

ほんとに小さな要塞で、美術館と言うよりギャラリーくらいの規模。
それでも、小窓から見える海をバックに作品が展示してあったりと
かなり素敵!

展示数は少ないのに、こんなに満足度の高い美術館はそうそうない♪

この静かなロケーションと時代を感じる要塞がいい雰囲気出してます。
混雑してないのがまたいい感じでした♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-19 00:31 | コートダジュール

ジャン・コクトーを巡る

この日の観光はジャン・コクトーを巡る旅に(結果そうなった)。

まずはマントンの市庁舎にある結婚の間へ。
f0080168_0544710.jpg

入場料は1.5ユーロ。
普通に市庁舎の奥にかわいい入り口があります。
f0080168_055276.jpg

誰もいなかったので中は真っ暗。まずはそれにびっくり。
自分で電気のスイッチをいれての見学です。

電気がつくと、自動的に音声ガイダンスが流れてきました。
日本語もあるらしいんだけど・・・。今回は聞けずじまい☆

完全なる貸切状態での撮影三昧♪
いわゆる高砂席(?)に座ったり、参列席に座ったり
かなり堪能してきました^^

天井から壁まで一面に広がって描かれてる婚礼の儀。
f0080168_17919.jpg

f0080168_172986.jpg

f0080168_1115714.jpg

わ、わき毛発見^^;
f0080168_174551.jpg

迷路に見える不思議な模様。
f0080168_181173.jpg

f0080168_182416.jpg

新郎は漁師なので目が魚なんだそうだ☆


ちなみに日本人でもここで結婚式が挙げられるそうです。
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-18 01:17 | コートダジュール

マントンの風景

ニース、モナコのあとはその他のコートダジュールの町へ♪

ゆっくりできるのはこの日が最終日。
まずは、イタリア国境の町マントンへ。
マントンまではニースから急行列車で約30分ほどです。
f0080168_23593657.jpg

小さな町だけど、海岸付近はバカンス客で賑わってます。

f0080168_001440.jpg

このまままっすぐ行くとお隣はイタリア。

f0080168_00438.jpg

なんだか建物もイタリア色っぽい雰囲気。

f0080168_011035.jpg

そのせいか、イタリアで言うシエスタ取ってる店が多くて昼過ぎは
人通りが少ない^^;

f0080168_032643.jpg

お土産物屋やレストランが並ぶ賑やかな中心街。
この通りは歩行者天国。カラフルです♪
周辺には小さいけどギャラリーラファイエットなんかもありました。

ニースやモナコに比べると小さな町ですが、
ジャンコクトー美術館を始めとして見所はいっぱい♪
そしてこのゆる~い街の雰囲気がもう一度ゆっくり来たい気にさせる!

ここの人たちみたいにリゾートには1ヶ月くらい滞在したいデス☆
[PR]
by mm-sakura8 | 2007-08-16 23:59 | コートダジュール