Private Tour +

ptour.exblog.jp

独身時代から何よりも大好きな旅。2010年に娘を出産してからは子連れ旅行を満喫中です♪

カテゴリ:イタリア( 11 )

天使と悪魔

f0080168_0122097.jpg

久々に本を読みました。
『ダヴィンチコード』のラングドン教授シリーズ、こちらが第一作目。
ちなみに同じ教授が出るだけで内容は関係ないです☆

いやー、面白かった!
なんと言ってもヴァチカン、ローマが舞台♪
この前行ったばかりのとこが随所に出てくるので、ストーリーがリアルに楽しめた。

ヴァチカンが異常に混みあってたのはこの本の影響もあるのかな~。
ルーブル美術館はダヴィンチコードの影響か入館者が更に増えてるらしいし。

いつか再びローマに行くときは、『天使と悪魔』を読み返して行こう♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-10-15 00:12 | イタリア

最後の休日

ローマでの自由行動、
ランチの後は最後の時間をのんびり散策で過ごしました。

ホテルからスペイン広場までは徒歩20分くらい。
ブランド通りのコンドッティ通りを通って広場へ出ます。
およそ10年ぶり。相変わらず大勢の観光客で賑わっています。
オベリスクが工事中・・・。
f0080168_2358266.jpg

f0080168_2358155.jpg

この日は暑かったので、みんな涼を求めて噴水の周りへ。
f0080168_23583482.jpg

f0080168_23585783.jpg

ユーロ高だし、パリのバーゲン経験後だしでショップは素通り。
日本人ももっと買い物してるかと思ったら意外とそうでもないみたい。
個人的にはパリの方が買い物は楽しそうだなーって思いました☆

帰りはポポロ広場経由でホテルへ戻りました。
思わずおさめた、チョークアート。広場入り口にて。
f0080168_23591031.jpg

さて、イタリア最後の晩餐は、、、観光客御用達、カンツォーネレストラン!
10年前もこれついてた(違う店だったけど)。今回は『PAPA REX』というところ。
もちろん地元客は来るわけもなく、市内でもこの手の店はほとんどないらしい。
入り口ではグラディエーターのかっこしたスタッフと撮影し、後で売りに来る。
それはそうと、食事は一番ひどかった。
でっかいアルミの入れ物でやっつけ仕事のように取り分け、まるで給食。
パフォーマンスを売りとした店だから文句は言えないのかも。
f0080168_23593734.jpg

↑てんぷらだか炒めたんだかわからない前菜。
生歌は嫌いじゃないけど、美味しいご飯の方が好き。

それにしても、本当に本当に楽しい旅行でした♪
更にラッキーだったのは帰りの便がオーバーブッキングでUPグレードしたこと!
ビジネスクラスでの帰国はそれはそれは快適な空の旅でした~♪
ちなみにエコノミーとの差額片道約20万。自腹じゃ絶対乗らん~。


さて、お次は金曜から大阪出張!あーんど生久保田~!!
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-07-13 00:02 | イタリア

さて、イタリア旅行の記録もそろそろ終盤。
ローマの初日は、夕刻に到着したのでチェックインを済ませた後は翌日に備えて就寝。
宿泊先は『ヴィスコンティパレス』。日本人観光客と地元のビジネス客がほとんど。
部屋はジュニアスイートの割り当てだったんで使い勝手はよかったです♪
f0080168_23331652.jpg

翌朝は貴重な自由行動の日。早起きしてヴァチカン美術館へ。朝8時から並びました。
それでもこの状態。この先左手にまがってさらに入り口は先。
開館は9時(8時45分?)。入れたのはほぼ10時!
ちょっと出遅れた知人は3時間くらい並んだそうだ~。
f0080168_23351076.jpg

入り口の注意事項。水着にしか見えない(^-^;

f0080168_2336574.jpg

長蛇の列とうってかわって、館内はすいててゆっくり見れます♪
それにしても規模が違いすぎ。
f0080168_23461712.jpg

f0080168_2254790.jpg

回廊の途中ではサンピエトロ大聖堂のクーポラが見えます。
f0080168_22565366.jpg
f0080168_2257410.jpg

さて、ヴァチカン美術館の目的は前回行けなかった『システィーナ礼拝堂』!
ミケランジェロの『最後の審判』を拝みに来ました。皆、目的は一緒のようで一番の混雑。
撮影禁止なんで画像はありません・・。(みんなデジカメでこそっと撮ってたけど)

別の部屋には、ダヴィンチの未完成絵画『荒野の聖ヒエロニムス』も展示されています。
一応目に焼き付けてきました。
うすぐらーい部屋にあるので結構怖い・・・。
f0080168_233168.jpg

館内mapはないけど、順路が常に表示されています。
また入り口では日本語案内(イヤホン)も貸してくれるので個人でも充分回れます。
f0080168_2252077.jpg

ヴァチカン美術館のあとはランチです♪
ホテルから近いということで『GROTTA AZZURRA(青の洞窟)』というレストランへ。
f0080168_2339918.jpg

ランチ時なんでほぼ満席でしたが、客層は100%観光客!!
味は普通ー。
ただし、観光客慣れしてるのか、イタリア人に珍しくスタッフの動きは機敏でサービスは◎だったので安心して食べられるってとこでしょうか。
写真は手長えびのリゾットとラザニア。・・・違うものに見えたらスイマセン☆
f0080168_23411370.jpg

パリ同様、どこも当たりとは限らないみたい。次回はきちんと調べてこよう~。
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-07-10 23:00 | イタリア

ローマ郊外の休日

しばらく伊ネタから脱線してました☆
あと数時間でイタリアの勝敗が決まる~、、、がんばれイタリア!!

さて、最終目的地ローマへ向かいながらまずはモッツァレッラ工場へ♪
バスを降りたとたん、田舎の香りが・・。
広大な敷地の中、独自の香りをふりまく水牛さんたち。
f0080168_21214514.jpg

まずはいきなり工場見学。見学ルックに変身。
f0080168_2120592.jpg

工場では機械でバンバン作ってるのもあればもちろん手作りの物も。
味は違うらしーけど・・・よくわかんない^^;
f0080168_2122987.jpg

f0080168_21261214.jpg
f0080168_21262245.jpg

ちぎらせてもらってそのまま試食してみました。
f0080168_21281047.jpg

感想は、味が濃厚!チーズが苦手な人でも食べられる豆腐みたいなもんって
イメージあったけど、しっかり味がついてる。日本製(日本のは水牛じゃありません)に
慣れてるとチーズ嫌いには無理かな。私は大好きなのでOK♪♪

広大な敷地を散策。番犬がいっぱい。駆け回ってて、しっぽ振りまくって
ストレスなさそー。が、どいつも牛さんのンコまみれです。全員、足元はンコ対策。
f0080168_21285034.jpg

f0080168_2130063.jpg
f0080168_21301047.jpg

f0080168_21302682.jpg

めっちゃ睨んでるこいつが種牛。まわりは全部牝牛でハーレム状態らしいです。

f0080168_21331195.jpg

この日のランチは牧場内で。部屋の中までは匂わないのでご安心を。
もちろんメニューはモッツァレッラ♪珍しくスモークタイプもありました。
家庭料理って感じだったけど、なかなか味わえないよね~。
f0080168_21345468.jpg

f0080168_21343951.jpg

お土産に買った詰め合わせ。500gで5ユーロ
常温で10日程(未開封)もつ(風味は変わる)と言われたので買ったけど、
暑い時期は発酵がすすむのですぐ冷蔵庫に入れた方がいいかも。
f0080168_21354196.jpg

お次は世界遺産カゼルタ宮殿
スターウォーズや今度公開するMI:3の撮影にも使われたそう。見なきゃ~♪
f0080168_21451744.jpg
f0080168_2145244.jpg

f0080168_21454546.jpg
f0080168_21455339.jpg

f0080168_21491925.jpg
f0080168_21493059.jpg

“庭”ってカテゴリーでいいの?ってくらい広大な庭。彼方先にかすんで見えてるのが
さっきまでいた宮殿です。
歩いてる頑張り屋さんもいましたが、私はもちろんバス移動。
f0080168_21513910.jpg


f0080168_2151494.jpg


寄り道はここまで、もうすぐローマ着です。街中はどこも渋滞。
f0080168_21523100.jpg


[PR]
by mm-sakura8 | 2006-07-09 21:20 | イタリア
ルナ・コンベントでの昼食をあとにバスにてソレントへ戻りました。
アマルフィ海岸線をなぞるようにしばしのドライブ・・・のはずが
しっかり寝てしまった。昼食後ですし☆唯一おさめた1枚。
イタリアは郵便局もかわいい♪
f0080168_025988.jpg

夕食まで時間もあったのでソレントの中心、TASSO広場で下車させてもらいました。
久しぶりの自由時間~♪
15:30くらいに開放してもらったんだけど、、案の定シエスタで閉まってる店多し(>_<)。
まぁメインストリートはほとんど開いていたのでここはまだましかも。
もちろんカフェとかは営業してます。
このシエスタ、13時すぎくらいから17時くらいまでの3、4時間のお昼休み。
長い。うらやましい。ほんとに昼寝とかするらしい。でも、観光地くらいがんばって働いて欲しいわ~。

街はワールドカップ仕様なのかあちこち旗だらけでした。
f0080168_031152.jpg

各国の旗も。やっぱサッカーがらみ?

f0080168_032947.jpg
f0080168_042622.jpg

この幅を普通のスピードでフィアットが走り抜けてった。映画みたい!

f0080168_043938.jpg

なんとオレンジの並木道。
f0080168_04539.jpg

f0080168_05596.jpg

しばし散策してからホテルに戻りました。TASSO広場から5分くらいなのに
タクシー代は12ユーロ!観光地メーターになってました。

さて、ソレント最後の晩餐はホテル内のレストランにて。
朝食会場と一緒で200人くらい入るレストランです。周りに何もないから
宿泊客はたいていやってきます。

デザートの名物レモンケーキ。私には甘すぎて、こってり料理の後の完食は無理でした。
f0080168_23483362.jpg


翌朝、ホテル敷地内にて。ほとんど農園みたいですね。オレンジとレモンがそこらじゅうになっていました。
そしてスタッフが朝のジュース用に収穫中。絞りたてどころか、もぎたてジュースなんです♪
f0080168_01030100.jpg

f0080168_0135434.jpg

ちなみにゲストはもぎ取り禁止だそうです。

さて、お次はとうとう最終目的地、ローマです~☆
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-07-04 00:11 | イタリア
エメラルドの洞窟をあとにたどり着いたのはアマルフィの街
町の中心はカフェやお土産物屋さんがたくさんです。
観光客もいっぱい!
f0080168_23284829.jpg

f0080168_2329045.jpg

広場を見下ろすように建つアマルフィ大聖堂。
f0080168_23291648.jpg

街のお土産は、やっぱりレモングッズ。リモンチェッロはその場で作ってるお店ばかり。
もぎたてレモンの光景も。
f0080168_23293110.jpg

これもよく見かけたレモン石鹸。うーん、、レモン石鹸って小学校思い出しちゃう。
今でも使ってる小学校とかあるのかなー。あ、世代がバレる^_^;
f0080168_23294688.jpg

路地裏は住宅街。趣きある生活道路&現役の水汲み場。
f0080168_23302916.jpgf0080168_23304532.jpg














アマルフィの街からちょっと歩いてこの日のランチ会場のホテル、
ルナ・コンベント』へ向かいました。“月の修道院”という意味で、元修道院だったのを
現在はホテル経営してるそうです。
f0080168_23392335.jpg

大きなホテルじゃないけど、海岸線とアマルフィの街を見下ろすように建っています。
レストランまでの回廊と中庭です。
f0080168_23384224.jpg

f0080168_23385044.jpg

ランチは基本的には営業してないのかなー?他にお客さんはいませんでした。
昼間も絶景だけど、その名のとおり、月の見える夜は神秘的な景色が拝めそう。
f0080168_23413855.jpg

f0080168_23415486.jpg
絶景独り占めのテラス席。ここで満月ディナーなんてロマンチック♪
f0080168_2342728.jpg

食事は全体的に普通でしたが、この旅の中では一番美味しかった。
ホテルオリジナルの食器がかわいい♪
f0080168_2342173.jpg

繁華街からはちょっとだけ離れているけど、
情緒ある雰囲気たっぷりのこのホテル、今度は泊まってみたいなー。
朝起きて、バルコニーからアマルフィ海岸が望めるなんて最高です♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-07-02 22:25 | イタリア
カプリ島をあとにお次に目指すはソレント半島
f0080168_23404083.jpg

本日のお宿は『ヒルトン ソレント パレス』。
お部屋に豪華なフルーツ盛を頂きました♪
f0080168_23405115.jpg

そしてベッドの色がかなり情熱的でした☆
f0080168_2341695.jpg

朝食です。さすがアメリカンブッフェ、種類がとても豊富。
もちろん朝からがっつり!よく食べる、、元気に旅を続ける秘訣ですね♪
f0080168_23412044.jpg

f0080168_23413223.jpg

この日の観光先はエメラルドの洞窟と世界遺産アマルフィ海岸
途中で立ち寄った展望台のフルーツ屋。レモンがオレンジより大きい。。。

f0080168_23415641.jpg

f0080168_2342810.jpg

ポジターノの街。高台の住宅街、なんだか絵になってます。
この景色を含むアマルフィまでの海岸線が世界遺産なんだそう。
f0080168_23422036.jpg

それにしても海がキレ~イ!ビーチパラソルもおしゃれ♪
f0080168_23424230.jpg

ポジターノの港の途中、ブーゲンビリアの棚。標識もかわいい♪
f0080168_2343395.jpg

f0080168_23432539.jpg

そしてまたもや巨大なレモンが。グレープフルーツどころの比じゃないですね(;^ω^)
f0080168_23434517.jpg

港から貸切船に乗って、エメラルドの洞窟までのミニクルーズです。
途中の景色も楽しめます♪
あんな穴が開いてるのに上にも下にも人が住んでる・・・。
f0080168_2259226.jpg

個人の別荘らしいです。
f0080168_2259152.jpg

さて、、いよいよこの日のハイライトのひとつエメラルドの洞窟です。
f0080168_2303312.jpg

・・・・何これ?とゆーか、ちょっと怖い(笑)。カメラの限界もあるけど、
お天気のせいで薄暗く、実際見てもぼんやりエメラルド。そりゃ待たずに入れたはずだ。
ま、青の洞窟が見れたからいいんですけど。
まだまだマイナー洞窟ですが、売ってる絵葉書みたら素敵だったので機会があれば
また来ようってとこです☆ちなみにこの辺りの海はほんとにグリーン系。
f0080168_234432.jpg

オマケ画像。ガイドちゃんファッションPart3~♪
エメラルドにちなんでグリーン系のスカートにしたそう。ドット柄がキュート♪
エメラルドのアクセもしてました。さすがです☆
f0080168_2343054.jpg

お次は世界遺産アマルフィ海岸の中心、アマルフィへ~♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-06-28 23:56 | イタリア

カプリ島の休日<vol.2>

青の洞窟を満喫した後は、
バスに乗ってカプリの中心、ウンベルト1世広場へ。
広場までの小道。リゾートっぽい雰囲気が最高です♪
f0080168_2301399.jpg
f0080168_2304294.jpg

広場にある時計台。なんだかかわいい♪広場はバカンス客でいっぱい。
外人さんのリゾート着ってカラフルで素敵♪
f0080168_2305630.jpg

広場から見渡せる景色。できれば次はゆっくり過ごしたいな。
ここでの自由行動20分なり☆
f0080168_2311532.jpg

ガイドちゃんファッションPart 2♪洞窟にちなんで足元からスーツまで全身ブルー!
脱いでますがジャケットもスカート同じブルーです。もちろんアクセも。スバラシイ!
f0080168_2312623.jpg

ランチまでの道のり。バカンス中のファミリーもブルーファッションです。
これはどっちかとゆーとサムライブルーな感じですね♪
f0080168_2314223.jpg

ランチをした『CAPRI MOON』というお店。もちろんツアー食。
f0080168_232138100.jpg

つい期待してしまったシーフードですが、このかじきまぐろのグリルが生臭くて(>_<)。
ツアー=団体が入れるお店だから味まで期待するのは無理なんでしょうね~
f0080168_2315782.jpg

食後はアナカプリという町へ♪ここもバカンス客がいっぱい。
小道沿いにはお土産屋さんがたくさん並んでます。
f0080168_235276.jpg

カプリ島はレモンの産地、有名なのは『リモンチェッロ』というレモンのお酒。
瓶がかわいい♪♪
f0080168_2325485.jpg

他にもあちこちにレモングッズがたくさん♪雑器とわかっていても欲しくなる。
f0080168_2332359.jpg

f0080168_2334540.jpg
f0080168_2335885.jpg

お土産屋の小道を進んでいくと絶景スポットが!
洞窟じゃなくってもきれいなブルーです♪ほんとリゾート地ですね~。
f0080168_2342281.jpg

f0080168_2344041.jpg

日帰りだったカプリ島、次回は絶対泊まりたい!
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-06-27 23:28 | イタリア

カプリ島の休日<vol.1>

イタリア3日目は念願のカプリ島へ♪
目的はもちろん『青の洞窟』。
6月頃が一番入れる”確立が高いらしいです。

陽気なイタリアの港町といった感じ♪
f0080168_23193635.jpg

f0080168_23203895.jpg

カプリ島の港からは20人乗りくらいの小型ボートに乗り換え、いざ青の洞窟へ。
f0080168_2331095.jpg

本番は4、5人乗りの手漕ぎボートに乗り換え。
それももちろん順番待ち。
20分ほど待ちましたが、長いときは1時間待つこともあるそう。
お天気よくてもかなり揺れるので乗り物酔いする人にはかなりきびしそうです。
f0080168_2331122.jpg

いよいよ中へ!狭い入り口、仰向けにならないと入れません。
船頭さんのお尻しか見えない~。
f0080168_23313735.jpg

念願のカプリブルー!思い出しても素敵すぎ・・。
f0080168_2332536.jpg

まさにこの日のハイライト♪♪私のデジカメちゃんではここまでが精一杯☆

現在、温暖化などの理由で水位の上昇によりこのままだと
いつか入り口が沈んでしまうそう。岩を削る案も出てるんだとか☆
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-06-26 23:32 | イタリア

ナポリの休日<vol.2>

ポンペイ遺跡散策後は第一回目のランチです。
ランチを食べたお店。観光客、団体専用って感じのお店でした。
f0080168_2330386.jpg

前菜。なんとカニかま入ってます!!ここまできてカニかまです。
f0080168_2331040.jpg

こっちではメジャーなワインらしい。『ラクリマクリスティー(キリストの涙)』。
f0080168_23311791.jpg

食後は、名産品カメオ工場へ案内されました。
手彫りはとーっても時間がかかるそう。
f0080168_23313086.jpg

繊細な作品ばかり。私にはまだちょっと渋いかな。
f0080168_23314014.jpg

お次は『国立考古物博物館』へ。
f0080168_23323883.jpg

モザイクの作品がこの他にもたくさんありました。
f0080168_23325558.jpg

こちらの作品はあのミケランジェロがたずさわったのではとされてるらしい。
オリジナル版にはなかった後方の女性像と犬の像が彼の手がけたオプションらしいです。
f0080168_23331859.jpg

f0080168_23334679.jpgf0080168_2334540.jpg















個人的に一番気になったのは昔の調理器具、動物の焼き型
そのまんま“本体”を入れて焼くらしい。うさぎ・・と子豚?
隣のたこ焼き器みたいなのは目玉焼き器だそう。
f0080168_23342221.jpg

博物館を後に街を散策しました。
見てるだけでも楽しい食材土産♪
f0080168_020239.jpg

美味しそう~♪
f0080168_0201726.jpg

名前を忘れた、ナポリの教会たち☆
f0080168_0295860.jpgf0080168_0303696.jpg















f0080168_0305179.jpg

さて、ナポリでの最後の晩餐です♪
ピザ作りを体験しに、『PIZZARE』というお店へ。
目の前はサンタルチア港。端っこに見えてるのは卵城
f0080168_0444835.jpg

早速ピザ作りに挑戦☆
生地を広げるところから始めます。材料はモッツァレラ 他。
f0080168_0532393.jpg

もちろん釜焼き♪そして完成品です。
f0080168_0533669.jpg

f0080168_0534866.jpg

見かけはそこそこですが、なぜか水っぽかった!
同じ材料使ったお店のは普通だったのに。なぜだ・・。

でも初めてのピザ作り、いい思い出です♪
[PR]
by mm-sakura8 | 2006-06-24 23:41 | イタリア